2018.10.18 木曜日

本みりんでシュガーフリー、揚げない大学芋!


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page

ぐっと気温が下がり、美味しくなってきたのが芋栗南京!
懐かしく、でも食べ飽きない大学芋。サツマイモを油で揚げて、煮詰めたたっぷりのお砂糖を絡めて・・・と禁断のお味もいいですが、揚げずにシュガーフリーでも、コクがあってとっても美味しい大学芋が作れますよ!

材料

  • サツマイモ    1本
  • 本みりん     大2
  • 甘糀(デーツのペーストでも) 大1
  • 天日塩      ひとつまみ

作り方

  1. サツマイモを食べやすい大きさに切り、芯がなくなるまで蒸す。
    image1
  2. 鍋に①と他の材料を全て入れ、中火にかけみりんのアルコール分を飛ばしながらよく絡める。
    image2
  3. 出来上がり(お好みで黒ごまを振っても美味しいです)
    image3

さらに応用!

出来上がった味醂大学芋をバイラアイスクリームに混ぜてもとっても美味しいですよ!

甘酒アイスレシピ

  • 濃縮タイプ甘酒 50g
  • 牛乳 50g
  • ココナッツオイル 5g
  • バニラエッセンス 少々

材料を全てブレンダーでよく混ぜて乳化させて冷凍庫で冷やします。
美味しい砂糖不使用のアイスクリームになりますよ。
image4

今日使った本味醂は「甘強酒造 昔仕込み本味醂」。
そのまま飲んでも美味しい、コクのある本物の本味醂です。
味醂を買うときは必ず「本みりん」を。麹の発酵調味料なので、甘み&旨味がたっぷりです。お料理上手になるには、美味しい調味料の力を借りるのが近道!
image5

甘酒アイスや甘酒のお料理への活用などもお伝えする「飲む美容液 甘酒教室」は神楽坂発酵美人堂にて2018年11/10(土) 2部制で開催します。
詳しくは https://www.facebook.com/hakkobijin/
もしくは https://hakkobijin.jimdo.com をご覧下さい。  

このレシピをつくったアンチエイジングフードマイスター

image6清水紫織(アドバンス)
いつもの食事に発酵をプラス‼︎腸を整える事は最高のアンチエイジング!昔から日本にある沢山のスーパーフード『菌』を正しく学び、その恩恵を存分に受けましょう。神楽坂の古民家で発酵料理専門のワークショップを開催しております。また百貨店やオンラインショップにてオリジナル発酵商品の製造・販売もしております。

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page