協会の活動


2017.10.2 月曜日

未来世代のために ~環境予防医学を学ぶ(その2)~  千葉大学大学院 環境生命学・予防医学センター 森千里教授をお迎えして

写真は鴎外荘にて。鴎外の書を見上げる白澤理事長と森千里先生。 前回のレポートでは森先生の講義で、胎児の化学物質による汚染はほぼ100%である、という驚愕の結果に戸惑いを隠せなかった私達ですが、そうなると少しでもその化学物質による影響を避けた…


2017.9.27 水曜日

AAFMゼミナール2017年11月25日 ~若月俊一先生から学ぶ「農医連携」~  映画「医やす者として」上映会と「若月俊一先生と有機農業」講演(限定40名)

AAFMゼミナール20171125 ~若月俊一先生から学ぶ「農医連携」~ 映画「医やす者として」上映会と「若月俊一先生と有機農業」講演(限定40名) 多くの医療関係者は若月俊一(わかつき・としかず)先生の名はご存じでしょう。若月先生は「信州…


2017.9.26 火曜日

未来世代のために ~環境予防医学を学ぶ(その1)~  千葉大学大学院 環境生命学・予防医学センター 森千里教授をお迎えして

2017年9月16日(土)、東京・文京シビックセンター26階 スカイホールにて今年4回目となるAAFMゼミナールが開催されました。 日本における公衆衛生学、しかも最先端である環境予防医学の現役教授のゼミナールともあって講義のボリュームは時間…


2017.7.10 月曜日

AAFMゼミナールレポート 人が集まる・手間のかかる農業がしたい。 医と食と農を繋げよう♪のらくら農場 荻原紀行さんをお迎えして 

医療と農業、まったく違うと思われていた入口に立つ講義をしたお二人。(のらくら農場:荻原紀行さん(左)と社)日本アンチエイジングフード協会:白澤卓二理事長)違う視点からの講座内容にセミナー参加者はまた新たな刺激がいっぱいとなりました。 201…


2017.5.17 水曜日

2017年7月8日(土)AAFMゼミナール テーマ:農業と食と医療を繋げよう!農業従事者の方も参加OK

日時 7月8日(土)14:00~17:00 会場 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53−67 グーグルマップ  マイスターの皆様、「医食農」連携に興味ある医療従事者の皆様、メール会員の皆様こんにち…


2017.4.7 金曜日

小泉武夫さん講演会 2017年3月4日 江戸の健康食(後編) 発酵と日本人の知恵

「繊維質」と「発酵食品」こそ江戸時代の健康食 世界各国の健康長寿村にも同様の「発酵食品」を発見! 発酵食品が豊富に食べられていた江戸時代の食事は、まさにアンチエイジングフードばかり。とはいえ詳しく見てみると、ごぼうやレンコン、つくし、筍とい…


2017.4.7 金曜日

小泉武夫さん講演会 2017年3月4日 江戸の健康食(前編) 発酵と日本人の知恵

2017年3月4日、社)日本アンチエイジングフード協会主催の講演会にて、発酵学、食品文化論、醸造学・縄文食研究の日本の第一人者である東京農業大学名誉教授・小説家である小泉武夫さんをお招きして、様々なお話を伺いました。日本人の食と暮らしの知恵…


2017.3.1 水曜日

2017 農業実習(単位取得)ファームスクールのご案内:あなたも野菜を作り出す体験を。

オーガニック野菜で有名な山梨カルタロットさんでの農業実習です。 社)日本アンチエイジングフード協会では、マイスターの皆様に健康な食材を生み出すものはまず土からという理念のもとに、農業の体験をしていただきたいと、アドバンスマイスター・リーダー…

1 / 3123

おすすめ記事
2016.8.2 火曜日

糖質による「小麦腹」が増えている! 腸粘膜まで破壊する精製小麦

ふわふわのパンや麺類など、給食のコッペパンに至るまで、小麦粉は私たち日本人の食生活の中心にいつのまにか入り込みました。 お米のごはんよりもよく食べるという人もいるのでは?しかし、近年、原材料の小麦は、アレルギーや肥満、生活習慣病などの原因と…


2017.6.6 火曜日

【WEB視聴】加工食品の問題(1h25m)(講師:医学博士 白澤卓二)

見どころ・聴きどころ 加工食品の問題(85分) ニューヨークのオーガニックレストランを紹介。産業が食品をぶち壊す前の食に戻れ!が大きなテーマだ。まさに健康は人間の産業発展によって異質な変化を遂げたといっても言い過ぎではない。パレオダイエット…


2017.10.6 金曜日

女性ホルモンアップで冷え解消!その2 気になる更年期の食養生 ~細胞が若返る食事をしよう~

内側からキレイに!細胞が若返る食事をしよう 偏った食生活を送っていると、女性ホルモンも低下し、自分自身の老化を進めることになってしまいます。そうならないためにも、毎日の食生活に気をつけていきたいもの。 また、食生活が偏っているからと、サプリ…


2017.2.20 月曜日

“一汁三菜”に何をどう選ぶ? 元禄以前の食から学ぶ「現代の一汁三菜」

1980年代、肥満に苦しむアメリカで、世界の長寿食を研究した結果、「元禄時代以前の日本の食事=和食こそ、人類の理想食である」との報告がありました。食生活の多様化が進む現代において、脈々と受け継がれてきた日本の伝統食のルールには、アンチエイジ…


最新情報をチェックする
人気記事