最新食と予防医学


2017.11.27 月曜日

免疫力アップの方法 その2 アレルギーと免疫とビタミンDの関係

ビタミンDは骨の健康維持に欠かせないビタミンとしてご存じの方も多いのではないでしょうか?しかし予防医療の視点からいろいろな研究がなされ近年では免疫系においてとても重要な役割をになっていることが明らかになってきています。 風邪やインフルエンザ…


2017.11.22 水曜日

免疫力アップの方法 その1 冬の感染症予防と通年花粉症を乗り切る!

身体は免疫でいっぱい!身体に備わっている免疫系を知っておきましょう。 急に寒くなってきてなんとなく体調がすぐれない、なんてことはありませんか? 冬のインフルエンザや春からの通年花粉症に悩まされているなら、そろそろしっかりと自分の免疫力アップ…


2017.10.6 金曜日

女性ホルモンアップで冷え解消!その2 気になる更年期の食養生 ~細胞が若返る食事をしよう~

内側からキレイに!細胞が若返る食事をしよう 偏った食生活を送っていると、女性ホルモンも低下し、自分自身の老化を進めることになってしまいます。そうならないためにも、毎日の食生活に気をつけていきたいもの。 また、食生活が偏っているからと、サプリ…


2017.9.23 土曜日

女性ホルモンアップで冷え解消!その1 気になる更年期の食養生 ~女性ホルモンのおさらい~

夏が終わったと思ったら、急激に冷え込んできて、温かい飲み物や温泉などが恋しくなる季節になりました。 女性は冷え性が多い!これは定説ですが、なぜ女性は冷えてしまうのでしょう。 冷えは女性ホルモンに関係しているとも言われます。 それではここで、…


2017.1.9 月曜日

長寿に有効なのはカロリー制限かファスティングか?

長寿と健康に効く食べ方、様々な方法があるもののいったいどの方法が効率的なのでしょうか。 今回はカロリー制限とファスティングから長寿効果を検証してみます。 酵母から哺乳類まで多様な種において、食餌制限は抗老化作用を持ち、寿命を延長するという事…


2017.1.2 月曜日

私のマイクロバイオームを育てる方法 ~毎日の食と生活用品を見なおそう〜

人間が体内に持つ共生菌のネットワーク「マイクロバイオーム」は、もうひとりの自分。腸や皮膚、さまざまな部位に棲み、環境に影響を受け生きているもう一人の自分のようです。一方で環境汚染やライフスタイルの変化でダメージをうけ得やすいものであることも…


2016.12.19 月曜日

慢性炎症を避ける生活であなたもセンテナリアンに!? 100歳長寿の研究からわかった慢性炎症を抑える4つのポイントが知りたい。

センテナリアン(centenarian)とは100歳以上の長寿者のことで、1世紀(century)以上生きていることから、こう呼ばれるそうです。日本では百寿者とも言いますね。 現在、世界には45万人、日本には65,692名のセンテナリアンが…


2016.12.9 金曜日

うつや原因不明の体調不良、お子さんに与えているもの食べものが原因かもしれない! ~「遅延型フードアレルギー」を調べてみよう~

子どものアレルギーと聞くと、じんましんや咳、・鼻水、目のかゆみ、ひどい時にはアナフィラキシーショックなど、急激に起きる症状を想像しがちです。 でも、何を調べても原因がわからず「なんとなく調子が悪い」、子どもの精神状態が安定しない、アトピーや…

1 / 212

おすすめ記事
2016.6.22 水曜日

アンチエイジングのまち特別セミナー 100歳までボケずに元気に生きる方法 長野県駒ケ根市 2016年5月28日

県を挙げて「健康長寿長野」というブランディングを行った長野県。健康長寿、日本一の県として注目が集まっています。 社)日本アンチエイジングフード協会・白澤卓二理事長は2016年5月28~29日に協会イベントの「アンチエイジンググランピング」の…


2017.1.10 火曜日

~江戸式アンチエイジングのススメ~ “江戸の知恵”で健康な食を取り戻す! 日本人に最適な食生活とは?

粗食にも関わらず、健康で頑強だった江戸期の日本人 明治期から戦後にかけて、急速に体格が良くなった日本人ですが、その一方で糖尿病や血栓症など生活習慣病も急速に増えています。その原因の1つが「食の欧米化」です。肉や脂肪の摂取が増え、それまで玄米…


2017.4.7 金曜日

小泉武夫さん講演会 2017年3月4日 江戸の健康食(後編) 発酵と日本人の知恵

「繊維質」と「発酵食品」こそ江戸時代の健康食 世界各国の健康長寿村にも同様の「発酵食品」を発見! 発酵食品が豊富に食べられていた江戸時代の食事は、まさにアンチエイジングフードばかり。とはいえ詳しく見てみると、ごぼうやレンコン、つくし、筍とい…


2016.8.23 火曜日

漬物を科学する 世界に誇るマイクロバイオームフード

和食の名脇役である「漬けもの」。漬けものに関する記録は8世紀の正倉院文書にみられるなど、その歴史はとても古いものです。もちろん、冷蔵文化が発達し、減塩がよいとされている現代とでは、つくり方も塩分の割合も違います。しかし、酵素が発酵を手助けし…