セミナー・イベントのお知らせ


2018.5.29 火曜日

2018年7月14日 AAFMゼミナール 「食と予防医療」スキルアップ講座 ポイントを掴んだ「食品添加物講座」「遅延型フードアレルギー講座」の伝え方とその実践

社)日本アンチエイジングフード協会公認マイスターになると無料で「食と予防医療」シリーズのパワーポイントがもらえます。様々な視点からアプローチしているパワポ資料、自分の復習にだけ使うのはもったいないですね。 今回のAAFMゼミナールでは人に伝…


2018.3.22 木曜日

5月19日AAFMゼミナール【環境ホルモンの中に暮らす私達】~千葉大・森教授による「環境予防医学」各論講座第1弾~

現代の予防医学のテーマとして欠かせない「環境病」。 普通に暮らしているだけでも私達は5万種の化学物質の中に生きているといわれています。 その中でも一番安心であるはずの家、その家の中が化学物質だらけかもしれないと考えたことはあるでしょうか? …


2018.3.12 月曜日

2018 農業実習 AAFM単位認定 【家族でも参加OK】ファームスクールのご案内です

オーガニック野菜で有名な山梨カルタロットさんでの農業実習です。(農業実習単位認定) 社)日本アンチエイジングフード協会では、マイスターの皆様に健康な食材を生み出すものはまず土からという理念のもとに、農業の体験をしていただきたいと、アドバンス…


2018.1.12 金曜日

3月17日(土)AAFMゼミナール ~健康で美しくなるためのオイル~ 理論と実践

~日本でいちばんオイルに詳しくなる1日~ 今、オイルの効能が話題です。 どんなオイルがどんな症状に効くのか。 本当に摂るべきオイル、避けるべきオイルはどんなものか。 正しいオイルの使い方は? オイルがカラダに効く科学的なメカニズムから、それ…


2017.9.27 水曜日

AAFMゼミナール2017年11月25日 ~若月俊一先生から学ぶ「農医連携」~  映画「医やす者として」上映会と「若月俊一先生と有機農業」講演(限定40名)

AAFMゼミナール20171125 ~若月俊一先生から学ぶ「農医連携」~ 映画「医やす者として」上映会と「若月俊一先生と有機農業」講演(限定40名) 多くの医療関係者は若月俊一(わかつき・としかず)先生の名はご存じでしょう。若月先生は「信州…


2017.5.17 水曜日

2017年7月8日(土)AAFMゼミナール テーマ:農業と食と医療を繋げよう!農業従事者の方も参加OK

日時 7月8日(土)14:00~17:00 会場 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53−67 グーグルマップ  マイスターの皆様、「医食農」連携に興味ある医療従事者の皆様、メール会員の皆様こんにち…


2017.3.1 水曜日

2017 農業実習 AAFM単位認定 【家族でも参加OK】ファームスクールのご案内です

オーガニック野菜で有名な山梨カルタロットさんでの農業実習です。(農業実習単位認定) 社)日本アンチエイジングフード協会では、マイスターの皆様に健康な食材を生み出すものはまず土からという理念のもとに、農業の体験をしていただきたいと、アドバンス…


2016.12.2 金曜日

【前売り券終了しました。 当日券は3月4日(土)13:20分より会場受付にて20枚を販売いたします】小泉武夫さん講演会 江戸の健康食~発酵と日本人の知恵~

チケットのお申込みは前日3月3日12時まで http://aafm.thebase.in/items/4822426 日時 2017年3月4日(土)14:00~17:00 会場 東京ウィメンズプラザホール 〒150-0001 東京都渋谷区神…

1 / 212

おすすめ記事
2017.6.6 火曜日

【WEB視聴】がんを防ぐ方法(1h37m)(講師:医学博士 白澤卓二)

見どころ・聴きどころ がんを防ぐ方法(97分) 『早期発見+早期治療=心配ない』という方程式は果たして有効なのか?アメリカのミネソタ大学が肺ガンに関して『早期発見+早期治療』の有効性を覆す調査をした。早期発見しても死亡率は減らなかったのだ。…


2016.8.30 火曜日

耳かき1杯で致死量!? 「おいしそうな色あい」に潜む、これだけの危険

日常的に食卓に上る、ハムやウィンナーなどの加工肉。本来ならば、肉と塩・香辛料のみでできるものですが、パッケージの裏を見るといろいろな添加物が使われています。肉をくっつける「結着剤」、保存性を高める「保存料」、分量を増やし歯ごたえを良くする「…


2017.4.3 月曜日

南信州の隠れ里”売木村”。日本の原風景の中で見つけたい。 健康の本質って何だろう?

ここ数年、日本の伝統的な山里環境が世界的に注目されています。人が野山に適度な手を入れることによって独自の生物多様性を育みつつ、持続可能な生産を可能にして健康的な生き方を実践する「LOHAS」な生活が、日本では古来より受け継がれてきたのです。…


2017.2.13 月曜日

学習能力の高さや長寿に貢献する魚。 縄文時代から食べている「魚食」を見直そう!

日本には江戸時代末期まで肉食文化はありませんでした。古代から大豆でたんぱく質を摂取する食文化があったことに加え、山から海に向かう川が縦横無尽に走る島国であることから魚が豊富にとれたことも影響しています。日本人ほど、魚を食べる民族もいないので…