2019.10.22 火曜日

【発酵美人だより】薬味醤の力でマンネリを脱却!


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page

薬味醤の力でマンネリを脱却!

暑い夏、メニューはどうしても冷んやりご飯に。。
お素麺に冷やし中華、冷奴、冷しゃぶ…などなど。
夏に何度も登場するものの、いつも同じでマンネリ化してしまいがち。
e6d9c16ad2178797209c9257e7b40172-e1533789791830
そんな時に、麹の万能発酵調味料「醤(ひしお)」と夏の3大香味野菜【大葉、みょうが、生姜】を使った簡単『薬味醤(やくみびしお)』をプラス!
夏ならではの爽やかなお味になりますよ。

材料

作りやすい量で
ebc9d9e6f23866c769fd200f5aa434c4-e1533789729328

  • 大葉 適量
  • みょうが 適量
  • 生姜(できれば新生姜) 適量
  • 醤 上の3つの総量と同量

※醤(ひしお)がない方は醤油麹で代用してください。
(醤油麹:キレイに煮沸消毒した瓶などに生麹と醤油を同量いれ、軽く蓋をし、常温で約1週間発酵させ、麹が柔らかくなれば冷蔵庫保存。)

作り方

野菜をそれぞれみじん切りにし、醤も加えて全体をよく混ぜる。
a6622db0c292bdfbc1d6ad1725592f03-e1533789739904
火を使わない「冷奴」は直ぐに作れるので簡単。
亜麻仁油やごま油など、積極的に今、自分が摂りたい種類のオイルをかけるのもオススメ!
火を通さないので発酵菌や酵素もそのまま摂れ、ミネラルも含まれます。
旬のものを上手に取り入れて、あと少し残暑を乗り切りましょう!

 

【神楽坂発酵美人堂 清水紫織】

★社)日本アンチエイジングフード協会では、食と予防医療の資格講座として《アンチエイジングフードマイスター》試験の合格者に対し資格認証をしています。ご興味のある方はぜひ協会HPをご覧ください。

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page