2017.5.24 水曜日

マイスターライフ オーガニック畑と美味しい農家ごはんで癒される農業体験レポート〈千葉県 さいのね畑〉


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page

image1

こんにちは。アンチエイジングフードマイスターアドバンスのminaです。今回私は千葉県一宮町で完全無農薬・無化学肥料栽培を行っている「さいのね畑」さんで農業体験と、見学をさせて頂きました。

さいのね畑さんでは、農薬や化学肥料を一切使わず、14か所ほどに点在する畑で年間を通し50~60種類以上の作物を少量多品目形式で栽培しています。今回は農園の様子と農業体験の様子をご報告させていただきます。

左:キャベツ(手前)・じゃがいも畑(奥) 中央:サニーレタス 右セロリ畑の様子

左:キャベツ(手前)・じゃがいも畑(奥) 中央:サニーレタス 右セロリ畑の様子

今の時期は、トマトやオクラ、キュウリ、ズッキーニ、キクイモ、セロリ、ロメインレタス、サニーレタス、ピーマン、スナップエンドウ、ナス、おかのり、ルッコラ、ホウレンソウ、キャベツ等、多くの野菜を栽培されていました。
さいのね畑さんでは畑が14か所程に点在していますが、畑を野菜の種類で分けるのではなく、同じ野菜を数か所の畑に分けて栽培することにより、万が一、虫や災害で被害を受けても影響が少ないようにされていました。また、栽培している野菜は1年ごとに栽培場所を入れ替えたり、1シーズンは雑草を生やし次のシーズンの肥やしにするなど、連作しないようにしているとのことでした。連作しないように出来るのも、多品目栽培しているからこそとおっしゃっていました。さいのね畑さんでは、肥料として飼育している鶏の鶏糞、牛糞入りのもみ殻たい肥を使用してるとのことで園内で循環型農業が完成されていて驚きました。

落花生の苗づくり

さいのね畑さんの育苗ハウスでお手伝いさせて頂きました。今育てている多数の苗は、ヒートシートを下に引き、温度管理をされているとのこと。また、種まき用の土には鶏糞、牛糞の入ったもみ殻たい肥を畑用とは別に、苗用として独自の割合で配合しているとのことでした。苗用のケースに土を敷き詰め、落花生を入れるためのくぼみを作り、落花生を置いていきました。その上にまた土をかぶせ、上から押し付けけるのです。4~5日経つと発芽し、2週間後には畑に移せるとのことでした。私も体験させていただき、今回作らさせて頂いた苗が育ち、その落花生が秋に出荷されると思うと、嬉しさを感じます。

(左)土を敷き詰めたところ(中央)落花生を置いたところ(右)土をかぶせて芽がでるのを待ちます

(左)土を敷き詰めたところ(中央)落花生を置いたところ(右)土をかぶせて芽がでるのを待ちます

新玉ねぎの収穫

 新玉ねぎの収穫では、茎が倒れているものが収穫時ということで、収穫のお手伝いをさせて頂きました。さいのね畑さんでは野菜の宅配も行っており、今回収穫した新玉ねぎも早速お客様へお送りするとのことで、責任感を感じつつ、楽しく収穫作業を行わせてもらいました。手間暇をかけ育てられた土の香りがまだする採れたての野菜を農家さんから直接頂く、今の時代では贅沢なようで、でも本当はそれが自然な食の在るべき姿なんだと体験を通して感じました。本当に美味しそうです!
image4

大根の間引き

 最後に大根の間引きをお手伝いさせて頂きました。指2~3本分のスペースがあくように間引きを行いました。育ってきている大根を抜くのは忍びなかったですが、こうした作業を行うことで立派な大根が育つことを知りました。間引きした大根を数本頂いたので、家で糠漬けにして美味しく頂きました。

左が繁茂する大根、右は間引きしたかわいい大根。

左が繁茂する大根、右は間引きしたかわいい大根。

さいのね畑さんは海が割と近いこともあり、土が砂のようなところも多く、最初は栽培に苦戦したとのことですが、千葉に来る前の栃木での農業経験を生かしながら、雑草を生やしてすきこむことを繰り返して次第に土を良くしていったり、点在する畑の立地に合った野菜を植えたりと試行錯誤し、今の畑が出来上がったとのことでした。
一か所一か所の畑に数多くの野菜が栽培されていて、雑草とも共存し、本来の畑の姿はこうなんだと実際に見て体験して感じることができました。

農業体験は学生の時以来で、とても楽しい時間を過ごせました。作業を通して、野菜は本当はこうして農家の皆さんが手間暇をかけて慈しんで時間をかけて大切に育ててくれたものなんだと、改めて実感し、体験前よりももっと野菜にありがたみを感じることができました。普段、畑に縁のない方も意識して時間を作って農園さんに出かけられてはどうでしょうか?きっと新しい発見があると思います。

また、お昼には、さいのね畑さんの奥様の手作りのご飯を頂きました。採れたての無農薬野菜をふんだんに使った美味しいご飯をさいのね畑さんの皆さんと気持ちの良い気候の中頂き、何とも言えない幸福感を感じました!!

image1

時間の流れをゆるやかに感じ、こういう流れの中で生きていきたいと思いました。また、農家の方と実際に触れ合い、作業を行うことで、無農薬野菜の農家さんとの輪がもっと広がって、本来の食の在り方にもう一度気付けるようなそんな活動が今後なにか出来ればと思っています。
家庭菜園もやってみたいとお話しすると、無農薬野菜作りを始めるときにおすすめの本を紹介して頂け、オクラの種も頂けたので、ぜひ近々早速始めたいと思います。今回農業体験を通して、実際に生き生きとした野菜の姿を目にして、これからどういう食の選択をしていくかを改めて考え直す機会にもなりました。

image6

アンチエイジングフードマイスターアドバンス mina(:管理栄養士&ヨガインストラクター)
Instagram:mina_oyatsu

今回訪問した農園さん
さいのね畑〈農薬・化学肥料不使用〉
URL: http://www.sainone.com
FB: https://www.facebook.com/maiko.takekawa

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page