マイスターの活動


2019.9.27 金曜日

日本海を見下ろす棚田と自然栽培農園「NICE FARM」 【塩と発酵を巡る旅ルポ】その7

高野さんのお寺妙法寺さんを後にし、昼食はこれから向かうNICE FARMさんが運営するビーガン料理のレストラン「たねのわ」に向かいます。 お腹もすいてきました。 ごはんは自然栽培で育て、天日干しして精米した、幻のコメ『ササシグレ』。お味噌も…


2019.9.20 金曜日

「ローマ法王に米を食べさせた男」に会いに行く 【塩と発酵を巡る旅ルポ】その6

七尾市を後にした私達、ここからサプライズ企画である高野誠鮮(じょうせん)さんのお寺、妙法寺さんを訪問しました。 皆さんは、高野誠鮮さんをご存じでしょうか? 知らない方のために高野さんをご紹介します。 高野さんは、知る人ぞ知る元・羽咋(はくい…


2019.9.13 金曜日

古酒ファンの聖地、「布施酒造店」 【塩と発酵を巡る旅ルポ】その5

塩と発酵を巡る旅の2日目、七尾の一本杉通りにある1軒だけ残っている小さな酒蔵「布施酒造店」へ。 昭和の映画セットのような不思議な雰囲気のある店内です。 店主の布施さんが説明してくださいました。 酒銘『天平』は、その昔石動山にあったという&#…


2019.9.6 金曜日

すべての行程が手作業 2年醸造醤油の鳥居坂醤油店 【塩と発酵を巡る旅ルポ】その4

塩と発酵を巡る旅、2日目は七尾市の一本杉通りに向かいました。 600年以上の歴史がある街道で、登録有形文化財に指定されている建物もたくさんあります。町並み自体が古き良き時代を残しており散策するだけでも落ち着きます。 こちらが今回見学させてい…


2019.8.30 金曜日

輪島で塩つくりを学ぶ 低温40℃で結晶化させる製法「わじまの海塩」 【塩と発酵を巡る旅ルポ】その3

輪島の伝統的な製法つくりを基礎を見学した後は、アンチエイジングフード協会マイスター・橋本三奈子さんが作る≪輪島の海塩≫の工房を見学しました。 こちらは能登沖50キロの舳倉島の海水を使い、高温ではなく低温40℃で結晶化させる製法です。ミネラル…


2019.8.22 木曜日

輪島で塩つくりを学ぶ 伝統的な釜炊き法 塩の駅にて 【塩と発酵を巡る旅】ルポその2 

氷見市の松葉寿司さんで海の幸を堪能して私達は「塩の駅」輪島塩へ。なんと移動距離は106キロです。 塩の駅では、五百年程前から奥能登に守り伝えられてきた「揚げ浜式製塩づくり」を見学しました。 海水を砂地の塩田に撒き、太陽の光と熱で乾いた砂を再…


2019.8.9 金曜日

濃厚にして複雑【こんか漬け】柿太水産さん 【塩と発酵を巡る旅】ルポその1 

社)日本アンチエイジングフード協会の2年ぶりの研修旅行、今回の旅行のテーマは「塩」と「発酵」です。 能登・北陸方面の企画となりました。 北陸は発酵食王国と言われるほど発酵食が豊富です。 特に魚介類を使ったものは多くて、山岳地域ではあまりみら…


2017.12.8 金曜日

2017年11月25日 AAFMゼミナール報告その2 浅沼信治先生講演「若月先生と有機農業」

2017年11月25日、社)日本アンチエイジングフード協会のAAFMゼミナールの後半、その2の報告です。 講師は引き続き、佐久総合病院・(一財)日本農村医学研究所 客員研究員・農学博士、浅沼信治先生の講演の様子をレポートします。 前半は若月…

1 / 3123

おすすめ記事
2016.8.2 火曜日

人間の免疫系や内分泌系を狂わせる 抗生物質&成長ホルモン漬けのお肉が怖い!

日本人が食べるお肉の量は年々増えています。もともとお肉と言えば、比較的高価な食材だったはず。それがどんどん安価になり、身近になっている理由として、輸入肉の普及や生産性の向上などが上げられます。でも、お肉はそのもとになる動物を育てなければなり…


2019.7.1 月曜日

妊活・離乳食・アレルギー・子育てママ・家族を生活習慣病から守りたい方へ・・・ 「ゆる無添加のすすめと加工品選びの基礎知識」その3

急増した加工食品と食品添加物 最近の食品は、「血糖値が上がらない」、「血圧低下に効く」といった対処療法の食品が多く出回るようになりました。根本的な解決にはなりませんが、そういった食品を目にすることで食選びに何かしらの配慮をすることが習慣化さ…


2016.11.7 月曜日

異性化した糖の採り過ぎで、高校生の4割が糖尿病予備軍?

肥満や糖尿病などの原因として私たちの健康を脅かす存在として、アメリカでは使用禁止運動が広まる。 ブドウ糖といえば、まずは脳の栄養源。疲れたときに脳を活性化させたり、また体を動かしたりするときのエネルギー源になるなど、特に若者に必要なイメージ…


2016.7.11 月曜日

内部被曝を避けるために知っておきたい食品の選び方

福島第一原発事故以来、国土および近海に撒き散らされた放射性物質を考慮し、「国産」食品も厳しく選ぶ必要が生じています。長期にわたって影響の大きいものだけに、日常的に気をつけることが大切。でも、やみくもに怖がるばかりでは、むしろ体に悪いというも…