2016.6.27 月曜日

テロメアが長くなる!?高山村へ行こう。 長野県の長寿の秘密「長野モデル」の秘密をさぐる


Share on Facebook55Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page

image1

長野県の北に位置する高山村 長寿の秘密

日本一の長寿といえば長野県。その代表的な村として高山村がまずは一番に挙げられます。新幹線で東京から1時間半で長野駅に到着し、駅から北東へ車でおよそ40分の場所にあります。
標高は400m~2,000m、同じ村内で1600メートルの高低差をもつ人口7千人ほどの小さな村はまさにスイスのイメージ。人口の25%がお年寄りで、りんごやぶどうなど果樹栽培や米、野菜づくりが主な産業。コンビニはなく8つの豊富な温泉に恵まれています。
実はこの村は自然資産もさることながら、別の健康指標でも有名なところなのです。2011年に高山村と広島大学で共同研究を行い、無作為で選んだ60歳以上の村民24人の血液を調べたところ、、22人の 「テロメア」が平均を上回り、全体でも長い傾向を示しました。
10年以上にわたり高山村の長寿を研究している白澤卓二先生にその秘密を伺ってみました。食べもの以外にも環境や生活スタイルどう影響しているのか、その暮らしぶりも報告します。

高低差のある自然に恵まれた暮らしは長寿の秘訣のひとつ

image2

「長野県には前栽畑(せんざいばたけ)といって畑が家の前にある家が多く見られます。農家でなくても家族の野菜は家でつくるという暮らし方をしている家が多いのです。また少し山を行くと春の山菜、山のきのこといったように山の恵みを軽い運動とともに享受できる環境も長寿の要因のひとつといえます。」と白澤先生。
高山村でお会いした、カルガモを使った有機農業を否む宮川登志一さん。春のゆるやかな季節になると山菜取りに忙しくなります。高山村の山を知り尽くす宮川さんは春や秋の季節になると百メートル以上の勾配を動き回ることになります。地元ケーブルテレビで放映された映像をいただきましたが、姿勢もぴんとしていてお年寄りのイメージは全くありません。

image3

「畑だけでない、山の自然の力ももらえますよ」と宮川さん。
山と対話しながら歩くことが自然な無理のない運動となり心肺機能を向上させていることになると白澤先生は指摘します。「標高1000メートル以上の高地でこうした軽い運動をすることはミトコンドリア活性を促しATP産生を促すので自然な高地トレーニングを日常的に行っているようなものなのです。」
都会に暮らす人にはこうした環境をすぐ手にいれることは難しいのですが週末トレッキングなどで山の恵みを楽しみながら運動と良質な食を手にいれることをお勧めします。スポーツクラブでの無機質なランニングより健康効果が高いといえるのではないでしょうか?

りんごやぶどうを食べる高山村の人達はテロメアが長い!

「テロメアとは、細胞の中にある染色体の端っこのことです。人間は細胞分裂を繰り返し、 新陳代謝をおこなっていますが、テロメアはそのたびに短くなっていきます。そして、ある程度まで短くなると細胞分裂は止まり、老化が始まります。」と白澤卓二先生は解説してくれます。このテロメアの消耗を抑えるテロメラーゼを活性化するには長寿遺伝子「サーチュイン」が関与しているのはアンチエイジングの知識ではよく知られるところですが、この遺伝子はポリフェノールで活性化します。

高山村の人々は日常的にりんごやブドウなどからポリフェノールを摂取をしていることも長寿の大きな要因のひとつなのでしょう。

image4

りんごには、プロシアニジンという成分が豊富に含まれており、この成分を線虫という動物のえさに加えると、線虫の寿命が伸びることがわかっています。プロシアニジンは、皮と実の境目に多い。皮ごと食べるのを習慣にしましょう。またぶどうはアントシアニン・レスベラトロールなど長寿遺伝子を活性化させる成分が赤い皮に含まれています。世界的にみてもワイン産地は長寿地域ですから、1.ぶどうを皮ごと食べること、2ワイン用のブドウ栽培に適している昼夜の寒暖差が健康に影響を与えていることも今後注目される点です。

image5

温泉が8つある村!

温泉療法(おんせんりょうほう)とは温泉に入浴、あるいは飲用、吸入することなどによって体調を調え、傷、疾病などを治療する医学的見解に基づいた医療法の一つです。高山村では地域内に8つの温泉(奥山田温泉・山田牧場・七味温泉・五色温泉・松川渓谷温泉・山田温泉・蕨温泉・子安温泉・YOU游ランド)が存在し源泉量も豊富なことから医学的なリトリート効果としても注目です。高山村の人達がこの恩恵を受けて元気でイキイキとしているのは当然かもしれません。

まとめ

週末は高低差のある軽いトレッキングで自然の恩恵を受けつつ、ときには温度差で心身を刺激。地元のフィトケミカル・ポリフェノール豊富な食材をいただくというのがアンチエイジングのリトリート条件になることが高山村の事例からもいえますね。そして温泉もあったらなおのことよし!という事になります。

image6

社)日本アンチエイジングフード協会では2016年10月1日にこの高山村へ訪問する「白澤卓二先生と行く高山村アンチエイジング&温泉ワインツアー」を実施いたします。
詳細はできあがりしだいアップをいたします。
詳細ご希望の方は下記までメールをお願いいたします。またメルマガ会員にご登録をお願いいたします♪
info@anti-agingfood.com

メルマガ登録はこちらから
http://anti-agingfood.com/mailmag/

image7

Share on Facebook55Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page