2017.8.25 金曜日

【申込締切9月末】行こう!美馬へ。 10月21日・22日 徳島県美馬市オーガニックヴァレー視察ツアー(白澤卓二理事長 講演付)


Share on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page

image1
日本一美しいといわれる山間地域と吉野川流域の秋の風景。機会がなければなかなか訪れることの少ないオーガニックヴァレーにご一緒しませんか?風景・暮らし・農など様々な視点から予防医療の一面を考える貴重な学びと癒しのツアーです。
ぜひご参加ください。

開催概要

期日:2017年10月21日(土)~10月22日(日)
宿泊:マツカホテル(予定)
住所:〒779-3602 徳島県美馬市脇町猪尻建神社下南153-1
TEL:0883-52-1555 | FAX:0883-52-1414

集合場所:高松空港 10:50
東京よりフライトをされる方は下記を各自お手配ください。
(※現地集合・現地解散の視察勉強会となります。)

10月21日(土) JAL477 東京(羽田) [ 09:25 ] 高松 [ 10:45 ]
10月22日(日) JAL484 高松 [ 17:45 ]東京(羽田) [ 19:00 ]

※ご参加希望の方は事務局にご相談の上事前にフライトを押さえておくこともオススメいたします。

参加費等:
①現地交通費 高松空港まで各自お手配お願いいたします。
②参加費  (1泊2日 現地移動・食事等込)20,000円程度
※内容により若干変動になる場合がございますのでご了承ください。
※社)日本アンチエイジングフード協会メンバーの企画です。マイスター以外でご参加希望の方は1)メール会員登録か、2)ゼミナール会員登録をお済ませください。

スケジュール

<1日目>10月21日(土)

高松空港10:45着 美馬市の車で移動
暮畑の「くるわっか villa nyujiura」で昼食
午後:見学、作業(大豆収穫、古代小麦播きなど予定)

写真:暮畑の秋の風景

写真:暮畑の秋の風景

協会リーダーマイスターであり、オーガニックヴァレー協会をたちあげた岩田るみさんを中心にワインブドウを栽培予定です。

image3

脇町うだつの町並み散策

脇町うだつの町並み散策

18:00ごろ〜交流会(場所未定、美馬市脇町内)
宿泊:脇町内 マツカホテル

<2日目>10月22日(日)

image5
午前   講演会参加(主催:美馬市他)
美馬市内 市役所併設 農業改善センターホール(100名収容)
テーマ: 「オーガニックライフを考える」(仮題)(2単位取得)
①10:00〜11:00・白澤卓二理事長講演(オーガニック関連テーマ)
②11:10〜12:10・ビオヴァレプレジデントBrun氏講演
~持続可能な発展とbio(フランス、ビオヴァレの取り組みから)~
Brun氏のご略歴等:フランス・ビオヴァレ地区に本社を置く会社、Domelio SARL代表
2016年6月より、ビオヴァレのプレジデントを務める。ドメリオは、エネルギーと持続可能な農業と労災管理に特化した研究施設で、ビオヴァレの地区の持続可能な発展のリーダー的存在を果たしています。

③12:20〜13:00ディスカッション・質疑

昼食:交流会
希望者は、うだつの町並み内で、藍染や和傘のランプシェード体験できます。
15:00 閉会
15:30〜高松空港へ移動 解散

【重要:お申込み方法と期限】

2017年9月30日までメールにてお申込みください。
apply@anti-agingfood.com
タイトル:「10月21・22日美馬市ツアー参加希望」
内容:参加者名・連絡先メールアドレス・携帯番号

①ご家族でご参加希望の場合はお子様の年齢等も含め、氏名・年齢・ご住所・メールアドレス・緊急連絡先等をお書き添えください。
②高松空港までの交通手段をお知らせください。
折り返し、参加費の金額・お振込先等をお知らせいたします。

※お申込み後1週間以内にお振込をお願いいたします。
※尚参加人数はアテンドの都合により10名程度とさせていただきます。
※お申込み前に定員に至った場合には予告なく参加を閉め切る場合がございますのでご了解ください。
※ご希望の方はお早目にお申込みください。

<キャンセルポリシー>

※主催者側の都合以外の現地までの交通費・飛行機代のキャンセルは参加者でお願いいたします。
※1週間前 20% 3日前 40% 前日 60%  当日100%
上記を参考に実費をご精算いただきます。

徳島県美馬市の情報はこちら

image6
美馬市は、徳島県の中部。高松市の南、徳島市の西に位置しています。
かつては暴れ川だった「四国三郎」吉野川の南北に、旧・脇町、穴吹町、美馬町、木屋平村が合併し、2005年に「美馬市」が誕生しました。
主な産業は農業、林業、建設業などで、徳島県西部は、「剣山系急傾斜地農法」が日本農業遺産に認定され、世界農業遺産登録準備中です。
人口は3万人あまり。美馬市の総面積は、367.14km2で、これは徳島県全体(4,146.93km2)の約8.9%にあたります。このうち約8割は、山間部など人が住まない地となっています。

今回、リーダーマイスター岩田るみさんのご協力により、暮畑・山間地域でのワイナリー予定地見学実習、及び美馬市での講演会参加という充実したツアーを企画することができました。

四国に訪問する機会はなかなかありません。オーガニック関連の学びとともにぜひ美馬市周辺の自然・食・暮らしを体験し貴重な講演会での学びもご一緒できたらと思います。

お問い合わせ先:

社)日本アンチエイジングフード協会 美馬へ行こう事務局
担当:青木淳子
apply@anti-agingfood.com

Share on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page